ニュース

IPU柔道部総監督・古賀稔彦さん(53)が死去 大学周辺では笑顔で交流「飾らない方。すごい気さく」 岡山

 訃報です。24日朝、バルセロナオリンピックの柔道金メダリストで環太平洋大学柔道部総監督の古賀稔彦さんが亡くなりました。53歳でした。
 大学の周りでも気さくに交流を深めていました。

 古賀稔彦さんは現役時代、1992年のバルセロナオリンピックで金メダルを獲得するなど「平成の三四郎」と呼ばれ、活躍しました。

 2007年からは岡山市の環太平洋大学・女子柔道部の総監督を務めオリンピック代表選手も指導しました。
 また、近くの道場の子どもたちにも世界レベルの技術を教えながら笑顔で交流を深めていました。

 多い時で週に3回古賀さんを乗せていたというタクシーの運転手は―

(皿井タクシー/皿井宏明 専務)
「一度、私が落語聞いててその時に『僕も好きなんです、落語いいですよねー』みたいな話をさせてもらったこともありますし。飾らない方ですね。すごい気さくですし。天国に行って楽しい落語たくさん聴いていただきたいです」

大学近くの居酒屋では―

(記者リポート)
「古賀さんは大会の祝勝会などでよくここを訪れ、ここに座って部員たちと仲を深めていたそうです」

(月の隠れ家/小嶋由美 店長)
「生徒さんが誕生日でその日が祝勝会でケーキを40個くらい(買って)。オリンピック選手ですごい人なのに、本当にそこらへんにいるような、瀬戸でも下駄をはいてカラカラいわせながら歩く。もう一度会って『おう!由美ちゃん!』って声掛けてほしかったです」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース