ニュース

“雨ニモマケズ”初夏の海辺を彩る 淡いピンク色の「ハマヒルガオ」の花 香川・観音寺市

 初夏の海辺を彩る「ハマヒルガオ」の花が香川県観音寺市で咲き始めています。

 観音寺市の有明浜です。

(記者リポート)
「雨が強く降る中でも、上を向いて力強く咲いています」

 瀬戸内海に面した約2キロにわたる砂浜のところどころに、ハマヒルガオが淡いピンク色の花を咲かせています。

 ハマヒルガオはヒルガオ科の多年草で、砂の中に地下茎を伸ばし、アサガオに似たラッパ形の花を広げます。

 砂浜に自生することと、昼間に咲いていることから「ハマヒルガオ」と呼ばれます。

 例年5月から6月に咲き、海辺に初夏の訪れを告げています。
 有明浜では5月いっぱい花を咲かせるということです。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース