ニュース

“大家族”でス~イスイ 「同じ時期に産まれるのは珍しい」7羽の白鳥のヒナが誕生 高松市

 高松市の池で泳ぐ白鳥の親子。ヒナは7羽いるのですが、同じ時期に7羽が産まれるのはとても珍しいそうです。

(中濱綾那リポート)
「住宅街の池の真ん中で、7羽のヒナと親鳥がスイスイと泳いでいます」

 7羽のヒナが産まれたのは高松市飯田町の高月池です。
 親鳥に挟まれながらくっついて泳いだり、水草をついばんだりする愛らしい姿を見せています。

 近所の人によると、この池には、10年以上前からコブハクチョウのつがいがすみ着いていて、今年は4月20日ごろに7羽が産まれたそうです。

 しろとり動物園によると、1羽の白鳥が産むヒナは1年に2~3羽程度で、7羽が同じ時期に産まれるのは珍しいということです。

(白鳥を見に訪れた人はー)

「珍しいな、7つもおるもんな~。いつもはそんなにできんのだけれど」

「この前来たらまだ生まれたてでね~、早いね。時々こうやって見に来るんです、卵の時からね。可愛くて暇つぶしに来ているんですよ」

「子どもが大きく育って元気な様子見て感動しました」

 近所の人によると、毎年ヒナは大きくなると巣立ち、親元を去っていくということです。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース