ニュース

浴衣や藍を使った現代アートなどの展示会 8月29日まで 高松市

  高松市美術館で8月29日まで特別展「ゆかたと藍の世界」を開催しています。

 日本で古くから染料として使われてきた「藍」。木綿で作られる浴衣は藍染めと相性が良く、江戸時代から親しまれてきました。

 江戸時代から続く伝統的な藍染めの技術が使われた浴衣。生地に型を当ててのりを付けると、染めたときに型の模様が浮かび上がります。

 カラフルなプリントが施されたファッションブランドによる浴衣や藍を使った現代アートなども見ることができます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース