ニュース

交通死亡事故が多発する国道11号 香川県警が一斉取り締まり

ADVERTISEMENT

 国道11号で交通死亡事故が多発していることを受けて11日、香川県警が一斉取り締まりを行いました。

 10月20日に交通死亡事故があった高松市東山崎町では、8人の警察官が速度超過やシートベルトの着用などについて取り締まりました。

 香川県の国道11号では9月以降、3件の死亡事故が起きています。11日の一斉取り締まりは午前9時から2時間、国道11号を中心に県内40カ所で行い、34件の違反を検挙しました。

(高松東警察署 交通課/藤本憲一 課長)
「ドライバーの皆さんには前方注視が一番大切ですよと、よく見てハンドルを握って運転していただきたい」

 香川県で2021年、交通事故で亡くなった人は33人です。2020年の同じ時期と比べ17人減っていますが、人口10万人当たりの死者数は全国でワースト2位となっています。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース