ニュース

トイプードルの警察嘱託犬が誕生! 岡山県警では初

ADVERTISEMENT

 犬好きの方は思わずニッコリしてしまうのではないでしょうか。岡山県警で初めてトイプードルの警察嘱託犬が誕生しました。

(トイプードル飼育歴15年の記者)
「今回、警察嘱託犬にはトイプードルも合格したんです。ハンナちゃんおいで」

 岡山県警の警察嘱託犬に合格したのは6歳6カ月のトイプードル、ハンナちゃんです。11月9日の審査会で初参加ながら見事合格しました。飼い主は岡山県美咲町の井上暢恵さんです。

 井上さんは、既に警察嘱託犬のラブラドール・レトリーバーも飼っていて、ハンナちゃんはその練習についていって嗅ぎ分けることを覚えたそうです。

(ハンナちゃんの飼い主/井上暢恵さん)
「別に訓練しようと思ったわけではないんですけれども、この子が見て覚えたっていうのに気が付いて、じゃあ受けてみようかなって思いました」

 ハンナちゃんに実際の審査と同じ人のにおいをつけた布を嗅ぎ分けてもらいました。

 正解は右から2番目ですが……見事正解の布を当てることができました。

 ハンナちゃんの任期は2022年1月から2年間で、行方不明者の捜索などを行います。

(ハンナちゃんの飼い主/井上暢恵さん)
「小さい、こういう子だからできることもきっとあると思いますので、狭い所とか人目を忍んでの捜索をできたらなと」

(岡山県警 鑑識課/大森保 次長)
「近年、行方不明者、自宅から老人の方がいなくなった、そういうことが増えています。足跡追及をしてくれる嘱託犬は非常に重要になっているので、今後とも活躍を期待しています」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース