ニュース

小学生がリレーでマラソンの世界記録に挑戦! 香川・三豊市

ADVERTISEMENT

 香川県三豊市の3つの小学校の児童らが、リレー形式でマラソンの世界記録に挑戦しました。

 三豊市の勝間小学校は、3年前からオリンピック・パラリンピックの教育推進校に指定されて以来、毎年、全校生徒と教職員がバトンで42.195キロをつなぐ「マラソンリレー」に挑戦しています。

(記者リポート)
「このマラソンリレー、勝間小学校の近くの2つの小学校も参加していて、その様子がモニターで映し出されています」

 昨年から参加している三豊市の下高瀬小に加えて、今年から上高瀬小も参加しました。3つの小学校をオンラインでつなぎ、同時に学校の運動場を走ります。

 目指すは男子のフルマラソンの世界記録2時間1分39秒の突破です。

 低学年から順番に1人50メートルから100メートルの距離を数回に分けて走ります。

(参加した児童は―)
「みんなで心がつながっているようで、楽しいです」
「やったーという達成感がありました」
「最後までゴールに行けたことが楽しかったし、うれしかった」

 3校の結果は、勝間小学校 2時間23分53秒、下高瀬小学校 2時間20分03秒、上高瀬小学校 2時間23分33秒(男子フルマラソン世界記録 2時間1分39)でした。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース