ニュース

学生デザインの「アートな手袋」を商品に 東かがわ市の手袋メーカー 香川

ADVERTISEMENT

 高松市の専門学校生がデザインした手袋を、東かがわ市の手袋メーカーが完成させ、学生にお披露目しました。

 高松市の吉田愛服飾専門学校の学生16人は、地場産業の手袋の縫製技術などを学ぼうと、1カ月にわたって勉強してきました。そして、その集大成としてそれぞれが「アートな手袋」をテーマにデザインを考えました。

 この授業に協力してきた東かがわ市の手袋メーカー・江本手袋がそのうち8つのデザインを選び、実際に1週間かけて作り上げ、学生たちにお披露目しました。

(学生は―)
「自分がアート的に欲しいなと思った手袋をデザインしました」
「ミニドレスをイメージして作りました」

(江本手袋 三代目/江本昌弘さん)
「どうやったら形にできるのかなと、皆と相談してやりました。130年前から受け継がれてきた技術がすごくて、今も東かがわにあることを知ってもらって、手袋のことを好きになってもらったらいいな」 

 完成した作品は、デザイン画と一緒に、江本手袋のホームページに掲載される予定です。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース