ニュース

人命と文化財を守る 栗林公園で合同消防訓練 香川・高松市

 貴重な文化財を火災から守るための消防訓練が、香川県高松市の栗林公園で行われました。    訓練は、公園内にある商工奨励館から出火し、職員1人が負傷したという想定です。火災の発生直後に、事務所の職員が観光客を避難させ、負傷者の救助にあたります。まもなく、消防車が出動し、高松市北消防署の署員と消防団員が消火活動を行いました。

(栗林公園観光事務所/木川佐智子 所長) 「栗林公園で一人も負傷者を出さない、火災の延焼をくい止めるといった気持ちを高めていくということを目的に、訓練をします」

 栗林公園では、消防と連携した大規模な訓練を2年に一度実施しています。また、ポンプなどの設備点検を毎月行い、火災に備えています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース