ニュース

G20岡山保健大臣会合で「共同宣言」採択 認知症患者の生活の質向上へ

 岡山市で開かれているG20岡山保健大臣会合が20日最終日を迎え、討議を踏まえた共同宣言が採択されました。

(G20保健大臣会合 議長/加藤勝信 厚生労働大臣) 「大阪サミットで首脳陣から託されたミッションを、我々保健担当大臣として受け止め今後取るべき具体策を示すことができた」

 19日に始まった会合ではG20参加国や招待国の代表が、誰もが医療を受けられる環境の整備・高齢化・健康危機への対策について議論しました。  そして最終日の20日討議を踏まえた共同宣言が採択されました。高齢化に伴う世界的な認知症患者の増加については各国が行動計画を策定し、生活の質の向上に取り組むとしています。

 議長を務めた加藤勝信厚生労働大臣は、介護休業の取得推進や通所サービスなどの整備を進め患者家族の負担を減らしたいと話しました。

(G20保健大臣会合 議長/加藤勝信 厚生労働大臣) 「しっかり予算を確保して具体的な取り組みにつなげていきたい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース