ニュース

「ストーリーを続けていきたい」瀬戸芸閉幕後も続く関係誓う…台湾作家や地元住民らが交流イベント 香川・小豆島

 11月4日、瀬戸内国際芸術祭が閉幕しました。小豆島では、瀬戸芸に出品した台湾人アーティストへの感謝を表す日本と台湾の交流イベントが開かれ、今後のさらなる交流促進を誓いました。

 台湾人アーティスト、リン・シュンロンさんの作品の前で開催されたイベントには、地元住民や関係者ら約100人が参加しました。  リンさんは、2016年の瀬戸芸に続き、今回も作品を出品しました。

 交流イベントはまず、小豆島中央高校の太鼓クラブの演奏で始まりました。そして、リン・シュンロンさんと一緒に島に来た台湾の小学生4人が民謡楽器「二胡」の演奏や伝統芸「空中ゴマ」のパフォーマンスを披露しました。  また、地元住民が、台湾の小学生にオリーブのリースなどを贈呈しました。

(リン・シュンロンさん) 「今後も、このストーリーを続けていきたい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース