ニュース

インスタグラムで発見!紫芋や栗などを使った「おいしい秋」のスイーツを堪能 高松市

 香川では先週末から朝晩冷え込むようになり秋の深まりを感じるようになりました。  秋といえば「食欲の秋」。ということで「おいしい秋はないかな」とインスタグラムで探していた時に見つけた秋の味覚をたっぷり堪能できるカフェに行ってきました。

 高松市国分寺町にある「カフェ キタラワ」です。このカフェでは季節ごとに旬のスイーツが楽しめます。

 「紫いもんぶらん」は鹿児島県産の紫芋とまんのう町の「ベッティムファーム」のサツマイモを使っています。

(瀧川奈津希リポート) 「紫いもんぶらんいただきます。紫芋のクリームがふわっと口の中に広がって、ほんのり甘いんですがすごく軽やかなのでいくらでも食べられそうです」

 「和栗いっぱいのソフト」は店の裏の山で採れた栗と愛媛県の栗を使っています。

(瀧川奈津希) 「和栗いっぱいのソフトいただきます。口の中に栗の甘みが広がってすっと溶けていきます」

 そのほか、北海道産の「ぼっちゃんカボチャ」を使ったチーズケーキもあります。味もそうですが、華やかな見た目とともに秋を楽しめます。

(カフェ キタラワ/MAIKOさん) 「旬のものをおいしい形でシンプルに味わっていただけたらと思っています。お店の名前通り、商品が目の前に来たらわってなるように食べてほしいです」

 「和栗を使ったソフト」は10月いっぱい提供しているということです。

(瀧川奈津希) 「お腹の中が秋でいっぱいになりました」

新着ニュース