ニュース

地元・津山で全編ロケ 頃安祐良監督の作品「十六夜の月子」を上映 岡山・津山国際環境映画祭

ADVERTISEMENT

 岡山県津山市で開催された映画祭で14日、地元出身の映画監督による短編映画が上映されました。

 「津山国際環境映画祭」は、地域の魅力や文化の発信を目的に、観光庁の助成を受けて開催されました。

 最終日の14日は「新しいツーリズムを考える」シンポジウムが行われ、続いて、津山市出身の映画監督・頃安祐良(ころやす・ゆうすけ)さんが映画祭のために制作した作品が上映されました。

 「十六夜の月子(いざよいのつきこ)」は、10年ぶりに津山に戻った映画監督が主人公の物語です。

 全編を津山で撮影し、津山の魅力が散りばめられています。

(映画監督 津山市出身/頃安祐良さん)
「エンタメという作品ではないのかもしれないんですけど、若い人に『映画って面白いな、こういう表現もできるんだな』と思っていただけたら」

 映画を鑑賞した人たちは、津山の魅力を再発見したようでした。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース