ニュース

月に一度の「第4土曜デー」 子どもたちの声で商店街を元気に 香川・坂出市

 香川県坂出市の商店街では月に1回、第4土曜日に開かれるイベントがあります。このイベントは、子どもたちの声で町を少しでも元気にしたいという思いで行われています。

 7月24日の土曜日。坂出市の商店街に子どもたちが集まりました。

 毎月第4土曜日に行われているイベント、その名も「第4土曜デー」。坂出市商店街連合会の青年部が2012年から開催しています。

 「射的」や「ボウリング」「巨大パチンコ」など、昔懐かしいゲームが1回100円から楽しめます。

 ゲームの他にも、地元の飲食店を中心に11店舗が出店しています。

(坂出市商店街連合会 青年部/大西和孝 部長)
「いつもの商店街だと通りを1人も通っていないときもあるので、元気になるような、子どもさんが集まってもらえるとうれしく思っております」

 この「第4土曜デー」も新型コロナの影響を受けました。2020年は3月以降、開催の見合わせが相次ぎ、2021年2月に再開したものの、4月と5月はまた中止を余儀なくされました。それでも、町に子どもたちの笑い声を取り戻したいと、今は感染症対策を取りながら開催しています。

(白戸ゆめのリポート)
「子どもが安全に楽しめるよう、マスクの着用と検温を証明するシールを貼らないとゲームに参加できない仕組みになっています」

(保護者は―)
「今コロナでイベントが減ってなかなか外出の機会が行くところがないので、月に1回でもしていただけるのはとてもありがたいと思います」

(子どもは―)
「学校で待ち合わせしてからみんなで来た。いろんなお店とかいろいろあって楽しい」
「友達と一緒に遊ぶのとかが楽しかった」
「(Q.何を作っているんですか?)おばけ。絵を描くのが(楽しかった)」
「楽しかった」

(坂出市商店街連合会 青年部/大西和孝 部長)
「大人になった時に『こういったものがあったな』と、他のところにいっても坂出を思い出してもらえるようなイベントをやっていきたいと思っています」

 8月の「第4土曜デー」は28日に開催予定です。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース