ニュース

B2香川ファイブアローズ 新戦力獲得へトライアウト 39人が挑む

ADVERTISEMENT

 新戦力獲得で更なる高みを目指します。男子プロバスケットボール、Bリーグ2部の「香川ファイブアローズ」が、新チーム発足に向けてトライアウトを行いました。

 昨シーズン西地区5位に終わった香川ファイブアローズ。来シーズンに向けてトライアウトを行いました。

 地元・高松商業出身の河津郁巳選手をはじめ、全国から集まった18歳から33歳までの学生・社会人など、39人が挑みます。

 参加者は緊張感が漂う中、シューティングや試合形式の試験で、それぞれの技術などをアピールしました。

(香川ファイブアローズ/衛藤 晃平ヘッドコーチ) 「日の目を浴びていない原石が、いっぱいいるというのは期待していますし、そういう選手にどんどんチャンスを与えて、このチームで育っていって代表するような選手になっていってほしい」

 ファイブアローズは、トライアウトを踏まえて秋のシーズン開幕にむけ、調整を続けます。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース