ニュース

特集

【特集】瀬戸内海の豊かな島・豊島 「てしま」と呼ぶのはなぜ?

 瀬戸内海国立公園の中にある小さな島、香川県土庄町の「豊島」。豊かな島と書いて「てしま」と呼ぶ地名は全国でもここだけだそうです。では、なぜ「てしま」と呼ぶようになったのでしょうか。  こうした島の歴史に迫った本が今、注目を集めています。「美術館ができるまで」の著者の佐々木良さんとともに、島のいわれに迫りました。

新着ニュース