ニュース

高校生が刃物のようなものを持った男に遭遇 現場近くの小学校では一斉下校に 岡山市

 29日朝、岡山市中区でランニングしていた県立高校の男子生徒が刃物のようなものを持った男に遭遇しました。男子高校生はすぐにその場から逃げ、けがはありませんでした。

 午前8時ごろ、岡山市中区土田の交差点でランニングをしていた県立高校の男子生徒の前に不審な男が現れ、バッグから包丁のようなものを取り出しました。

 男子生徒は北西に向かって逃げ、約1キロ離れた商業施設に逃げ込みました。そして従業員が「包丁のようなものを持った人に追い掛けられたという高校生が逃げこんできた」と警察に通報しました。

 警察によりますと、男は30歳から40歳くらい。身長170センチメートル以上で中肉、上下黒いジャージにキャップ帽をかぶっていました。男子生徒にけがはありませんでした。

 現場近くの小学校では、午後3時ごろに一斉下校が行われ、教職員らが見守りをしたほか、迎えにきた保護者の姿も見られました。

 また男子生徒が通う高校では、放課後の部活動の終了時間を午後5時までに切り上げたほか、下校時はなるべく1人にならないよう指導しました。

(生徒が通う高校の副校長は-) 「警察ともしっかり連携をとりまして、安全確認を十分気をつけていきたい」

 不審な男はまだ見つかっておらず、警察が捜査を続けています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース