ニュース

「飛んでるように走って…」 小学生が国内トップ選手にコツ教わる 高松市で陸上競技イベント

 国内トップレベルの選手とふれあいました。小学生に陸上競技の楽しさや魅力を感じてもらうイベントが、高松市で行われました。

 高松市で行われたさぬき市と東かがわ市の小学生の陸上記録会に、特別ゲストとして招かれたのは、香川県宇多津町出身で、10月6日に茨城国体の成年男子400メートルで優勝した木村和史選手です。

(四電工/木村和史 選手) 「子どもたちに陸上の楽しさを教えていくのが、香川の陸上を発展させるための近道なのではないかと思いまして、こういう活動をさせてもらってます」

 木村選手は子どもたちと一緒に100メートル走を走ったあと、陸上競技の楽しさや早く走るための心構えやコツなどを話しました。

(子どもたちはー) 「走るフォームもきれいだし、脚の回転が速かったと思います」 「走り方も飛んでるように走っていたので、すごいなと思いました」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース