ニュース

水がめで稲作の出来を占う伝統行事「よはかり」 今年の結果は「病気が少し気になる…」 岡山・新見市

ADVERTISEMENT

 「水がめ」を使って稲作の出来を占う「よはかり」と呼ばれる珍しい神事が岡山県新見市で行われました。

 新見市哲西町の三穂明神社で毎年行われている伝統行事です。

 「世の中の様子を推測する」ことから「世量り(よはかり)」と言われ、新見市の重要無形民俗文化財に指定されています。

 前の年に水がめに米と水を入れ、1年後に取り出したときの状態で今年の天候や作柄を占います。

 今年は水の量は普通できれいな状態。米は少しくさった部分がありましたが粒がしっかりと残っていて「今年の天候もまずまずで、雨の心配はしなくてよいが病気が少し気になる」という占いの結果が出ました。

 以前は集落の多くの人たちが参加していた「よはかり」ですが、高齢化が進んで今では児山佳清さん一家が伝統を守っています。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース