ニュース

香川県が大雨被害の熊本県に保健師を派遣 避難所での健康管理や新型コロナ対策に

 大雨で甚大な被害を受けた熊本県からの要請を受け、香川県が保健師を派遣しました。

(香川県/浜田恵造 知事) 「地域全体を見据えた対策が必要で支援が重要」

 香川県庁では熊本県球磨村に派遣される保健師2人と連絡要員1人の出発式が行われました。

 球磨村は球磨川の氾濫で大きな被害が出ています。多くの住民が近隣の人吉市などの避難所で生活しています。  派遣された保健師らは、体調を崩しやすい避難所での健康管理や新型コロナの感染防止につとめます。

(香川県健康福祉総務課/竹田聡子 主任) 「(新型コロナで)どのような対策がとれるのかを現場の保健師や担当者と相談しながら支援できるようにしたい」

 香川県は7月15日まで、合わせて2チーム6人を熊本県に派遣する予定です。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース