ニュース

【新人アナが実況】蒜山高原名物ジンギスカンの大食いに小学生が挑む 岡山・真庭市

 岡山県真庭市の蒜山高原で18日、小学生によるジンギスカンの大食い大会が開かれました。

 名物のジンギスカンをPRしようと、真庭市の「ヒルゼン高原センター」が開いた大会です。  この大会の模様を新人アナが実況でお伝えします!

(司会者―) 「よーいスタート!(鐘を鳴らす)」

(実況:在間隆真)  さあ、始まりました!ジンギスカン大食い大会!  制限時間は10分、熱々のプレートの上に乗ったラム肉30グラムとキャベツ20グラムを平らげます。年に1度の大舞台。この日のために空けてきた胃袋に肉を放り込めー!

 おいしいんです、おいしいんですけど…そろそろあごが疲れてきたか。

 おーっと、こちらは既に8皿完食しています。さらに9皿目を食べる、食べる。全くペースが落ちません。ラム肉がどんどん胃の中に吸い込まれます。  間もなく制限時間だー!

(司会者―) 「3、2、1、終了~!」

(低学年女子の部/8皿を食べて優勝) 「きつかったけどおいしかったです。お腹いっぱいでした」

 この日は小学校低学年と高学年で男女4人ずつ、合わせて16人が参加しました。

 4部門の優勝者にはそれぞれ賞状と1万円の商品券が贈られました。

新着ニュース