ニュース

ファジアーノ岡山が大森市長を訪問 シーズン開幕へ意気込み 宮崎幾笑選手「早く試合がしたい」 岡山市

ADVERTISEMENT

 サッカーJ2・ファジアーノ岡山の有馬賢二監督と喜山康平選手、新加入で17日に23歳の誕生日を迎えた宮崎幾笑選手らが岡山市役所を訪れました。

 有馬監督は「ベテランと若手が融合し、1つでも多く喜び合える試合をしたい」と、J1昇格へ意気込みを語りました。

 大森市長は「スポーツの一体感で、市民に大きな勇気を与えてほしい」と激励しました。

 ファジアーノ岡山の開幕戦は2月28日、アウェーで栃木SCと対戦します。

(ファジアーノ岡山/宮崎幾笑 選手)
「サポーターの皆さんの目の前でしっかり戦えるように準備はしてますので、早く試合がしたいと思っています」

(ファジアーノ岡山/喜山康平 選手)
「今年こそはっていう気持ちがすごく強いので、希望や勇気を与えられるように、そんな1年にしたいと思います」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース