ニュース

新型コロナウイルスの影響? 2020年の落とし物、前年から約2割減 岡山県警

 2020年の1年間に岡山県警に届けられた落とし物は、2019年に比べ2割近く減ったことが分かりました。
 新型コロナウイルスによる外出自粛の影響とみられています。

 岡山県警では、2020年の1年間に20万7941件の拾得物があり、2019年と比べると17.9パーセント減りました。特に2020年4月以降落とし物の件数が大きく減ったことから、新型コロナウイルスによる外出自粛が理由とみられています。

 最も多いのはキャッシュカード類の約3万件で、次に運転免許証などの2万件となっています。現金の落とし物の総額は2億5600万円で、そのうち100万円以上の落とし物は12件ありました。

 全体の落とし物のうち、持ち主のもとに返された件数は10分の1程度でした。落とし物の情報は岡山県警のホームページから確認することができます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース