ニュース

岡山理大付を声で盛り立てるキャッチャー 夏の高校野球・岡山大会【甲子園へのキセキ】

 夏の高校野球・岡山大会。19日、マスカットスタジアムの第一試合は岡山理大付と創志学園が対戦。理大付のキャッチャーは最後まで声を出してチームを盛り立てました。

 岡山理大付のキャッチャー、小山大輔。1年の夏にベンチ入りするも、2年の春に肩を痛めて1年間ボールを投げることができませんでした。それでも、3年の春、再びレギュラーに入り最後の夏に臨みました。

最後まで声を出し続けた小山

 0対0の2回。小山、最初の打席。

(実況)
「打ちました!レフトの前に落ちるチーム初ヒット」

 その後、小山は3塁まで進むも先制点とはなりませんでした。

 5点を追う4回。1アウト3塁で小山に打席が回ってきます。

(実況)
「ショートがはじく!3塁ランナーホームイン。1点を返します」

 何度もピッチャーに声を掛けに行ったり、ベンチでチームメートを出迎えたり。「苦しいことしかなかった」と高校野球生活を振り返りながらも、小山は最後まで声を出し続けました。(創志学園7-3岡山理大付)

(岡山理大付/小山大輔捕手[3年])
「あの期間があったからこそ、最後、野球をここでこうやってできたのも、その分うれしさをかみ締めながらプレーすることができましたし、いろんなことがあったんですけど、やり切れたという気持ちが大きいです」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース