ニュース

双子バッテリーが迎えた“最後の夏” 高校野球岡山大会・林野高校【甲子園へのキセキ】

ADVERTISEMENT

 15日、高校野球岡山大会でエイコンスタジアムで行われた第1試合で林野と倉敷南が対戦。小学生からバッテリーを組んでいる林野の双子の兄弟が最後の夏に臨みました。

 林野のキャッチャー、遠藤創太とピッチャー、敬太は双子。
 小学2年生の時に一緒に野球を始めた2人は、5年生の時からバッテリーを組んでいます。

(林野/弟 遠藤敬太 投手[3年])
「サインの交換とかも首振ることもあまりない」

(林野/兄 遠藤創太 捕手[3年])
「これで一緒にできるのは最後かもしれないので、最後のいい思い出が残せるように2人で頑張っていきたいです」

 バッテリーを組める最後の夏。弟の敬太はブルペンで登板に備えます。
 1対1の7回。1アウト1塁の場面で弟、敬太がマウンドに上がります。その初球。

(実況)
「ランナー走った、兄、創太が2塁に投げる。アウト!」

 バッターはセンターフライに打ち取り、得点を与えません。
 8回、1アウト満塁のピンチでは……

 兄・創太が、弟・敬太に声を掛けます。

(林野/兄 遠藤創太 捕手[3年])
「お前の球ならしっかり打ち取れるけん、しっかり投げてって言いました」

 しかし、2点を追加され、勝ち越しを許してしまいます。

 9回、2アウトランナーなし。打席には弟、敬太。

(実況)
「サードが取る。1塁はアウト。試合終了」

(林野/弟 遠藤敬太 投手[3年])
「バッテリーも最後組めたし、最後は兄に投げることができたのでそこは悔いはないです」

(林野/兄 遠藤創太 捕手[3年])
「楽しかったし、悔しかったけど最高でした」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース