ニュース

12月5日までの限定! 県産野菜トッピングうどん、香川の各地で販売はじまる

ADVERTISEMENT

 皆さんは野菜、しっかり食べていますか? 香川県産の野菜をトッピングした期間限定のうどんの販売が、県内各地のうどん店で26日始まりました。

 その1つ、「金時にんじん入りレタス鍋焼うどん」は、香川県産の野菜やキノコ類が入った、この時期にぴったりな温かいうどんです。

(宮川周三リポート)
「レタスと金時ニンジンがシャキシャキしています。そしてコシのあるうどん。いろいろな食感が楽しめます。おいしいです」

 販売を始めたのは、香川県綾川町の「道の駅滝宮」にあるうどん店、「さぬきうどんの駅 綾川」です。

(さぬきうどんの駅 綾川/十河和憲 店長)
「新しいおいしさが見つけられたかなと思います。うどん屋さんで何か野菜を摂取できるようにできたらいいと思います」

 県産の野菜をトッピングしたうどんは、県内の17の店で12月5日まで販売されます。

 企画したのは、香川県などで作る協議会とJA香川県です。初日の26日は式典を行い、うどん店の代表者に県産野菜を贈呈しました。

 香川県の調査によると、20歳以上の県民の1日あたりの野菜の摂取量は271グラムで、必要とされている350グラムを下回っています。また、レタスやネギなど県産の主な野菜の生産量はここ10年、おおむね横ばいです。

(香川県農業生産流通課/安田英樹 課長補佐)
「消費者の皆さんとかにあまり(県産野菜の)良さが知られていない部分もありますので、これを機会にうどんだけじゃなく野菜も一緒に食べて健康的な体作りや香川県産の味を楽しんでいただければと思っています」

 協議会は2020年10月、旬や品質にこだわって作られた香川県産野菜を「さぬき讃ベジタブル」と名付け、26日までに24の個人や団体をその生産者に認定しました。

 今回の企画に参加しているうどん店は、県産の小麦「さぬきの夢」と「さぬき讃ベジタブル」を使っています。協議会ではこうした取り組みを通じて、県産野菜の消費拡大につなげたい考えです。

(香川県農業生産流通課/安田英樹 課長補佐)
「いつものうどんと違うような野菜をいっぱい使ったメニューをぜひ食べて冬場を乗り切っていただきたいと思っております」

 参加している店の一覧は、香川県・農業生産流通課のHPに掲載されています。店によっては期間が終わった後も販売を続けるということです。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース