ニュース

高松国際ピアノコンクール 出場者決まる 若手ピアニストが集結

ADVERTISEMENT

 トップクラスの若手ピアニストが香川県に集まります。2022年3月に開かれる「高松国際ピアノコンクール」の出場者が発表されました。

(高松国際ピアノコンクール組織委員会/綾田裕次郎 会長)
「回を重ねるごとに応募者のレベルが上がり、今回は特に難しい選考であったというふうにお聞きしております」

 高松国際ピアノコンクールは若手ピアニストの発掘を目的に、2006年から4年に1度開かれています。

 5回目となる2022年のコンクールには26の国と地域から245人の応募がありました。

 そして、香川県出身の西本裕矢さん(19)ら16歳から34歳の50人が予備審査を通過しました。

 第5回高松国際ピアノコンクールは2022年3月16日から28日までサンポート高松で開かれる予定です。

 1次審査と2次審査は無観客で行い、3次審査と本選は観客を入れて行う予定です。

 高松国際ピアノコンクールのホームページでは1次審査から本選までをライブ配信するということです。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース