ニュース

体育はマスク必要なし 着用の方針見直しで学校は 香川〈新型コロナ〉

ADVERTISEMENT

 国は23日、新型コロナの「基本的対処方針」を改定しました。今回の改定では、学校など、子どもたちの通う施設の対応についても変化がありました。

 高松市の屋島東小学校の体育館では、1年生と6年生が合同で体育の授業を受けていました。

 23日に改定された方針では、学校でのマスク着用について「体育の授業では必要ない」と明記されました。

 24日の授業では、子どもによってマスクをするか、しないかが分かれていました。

(体育を指導/加藤真人 先生)
「普段から体育の時間は、子どもたちにマスクを外していいよというような声掛けをしていました」

(6年生の児童は―)
「マスクがなかったほうがやりやすいというか、息しやすい」
「マスクつけないほうがやりやすくて、力をふりしぼれる」
「1年生の子とかに感染症をうつしたりしたらダメだから(マスクをしている)」

 一方、座って話を聴くときは、全員がマスクをつけていました。

 こちらの学校では今後も「体育の授業ではマスクを外してもいい」と呼び掛けながら、最終的にはそれぞれの判断に任せるとしています。

(体育を指導/加藤真人 先生)
「子どもたちが思い切り体育を楽しんでる中で、やはり言葉だけじゃなくて表情とかで伝わるようなコミュニケーションもあると思うので、出来ればマスクとかを気にせず、思い切り子どもたちが体育を楽しめる、そんな時期が早くきてくれたらいいなと思います」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース