ニュース

ガソリン価格が7週連続値上がり…影響じわり 燃費のいい運転方法は 香川

ADVERTISEMENT

 原油価格の高騰などを背景に、全国平均のガソリン価格は7週連続で値上がりが続いています。

(白戸ゆめのリポート) 「このようにセルフでガソリンを入れることによって給油価格を少しでも抑える人が増えてきています」

 資源エネルギー庁の市場調査によると、レギュラーガソリンの全国の平均価格は152.1円で、7週連続の値上がりです。そのため、仕事や家計にもじわじわと影響が出ています。

(利用客はー) 「ちょっときついな生活が」 「やっぱり家計に負担がかかるので、ちょっとずつ下がって欲しいなとは思う」 「安くなってくれたらありがたい」

 ずいぶん高くなったな、と感じている方も多いと思いますが、実は香川県のガソリン価格の平均は、全国平均より2.4円も安く、これは全国で7番目に安い水準です。

 つまり、原油価格の高騰を、ガソリンスタンドなど小売店側が営業努力でしのいでいるということです。

(四国石油/図司 智史さん) 「1円2円の差というのは、ものすごく大きいんですけど、その差を埋めるためにガソリン以外の商品(カーケア商品であったり)他の分で+アルファを今、当店では頑張っています」

 どうすれば、ガソリンをあまり使わずに上手に車を運転できるのか。自動車工学を研究している香川大学創造工学部の鈴木桂輔教授に聞きました。

(香川大学 創造工学部/鈴木桂輔 教授) 「燃費を良くしようと思ったら、乗ってる人が快適に移動できるような、そういう加速減速のパターンが良い」

 発車時はアクセルをゆっくりふんわりと、走行中は一定の速度を保つことが大切です。最近では、燃費を意識しすぎて、横断歩道でも十分に減速をしない人が増えてきているといいます。  しかし出合い頭の事故を防ぐためにも、ブレーキはしっかりと踏む必要があります。


 燃費を意識するのも大切ですが、やはり「安全第一」も大切です。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース