ニュース

1737人が犠牲 岡山空襲から73年…岡山市で戦没者追悼式

 1700人以上の死者を出した岡山空襲から、29日で73年です。岡山市で戦没者の追悼式が行われました。

 式典には遺族や市内の小中学生ら約1600人が参列しました。

 1945年6月29日未明の岡山空襲では、アメリカ軍の爆撃機が落とした焼夷弾9万5千発により、市街地の6割が焼失し 1737人が犠牲になりました。

(79歳女性) 「夏布団を母と2人かぶって家から走って逃げた。周りの家がみな焼けてね怖かったですね。戦争なんて大反対だわ」 (87歳男性) 「家の近くに焼夷弾が落ちた。幸い家は焼けなんです。今の憲法守るほうがええよな。戦争がないほうがいいです」

 29日は、戦地で亡くなった岡山市出身者1万198人も合わせて、黙祷をささげて冥福を祈りました。

 遺族代表の竹内秀男さんは「遺族会は高齢化が進み、戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えるのが大きな課題になっている」と述べました。

(岡山市立香和中学校/川田岳輝さん) 「だからこそ私たちの役割は、ますます大きなものになっていると思います。まずは戦争を知ること」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース