ニュース

東京五輪に期待…新体操の喜田純鈴選手が高校卒業 学び舎を巣立ち大事なシーズンへ

 東京オリンピック出場への期待がかかる新体操の喜田純鈴選手が、高校の卒業式を迎えました。思い出の学び舎を離れ、大事なシーズンに挑みます。

 高松中央高校では、265人が旅立ちの時を迎えました。坂出市出身の喜田純鈴さん(18)もその一人。喜田さんは日本体操協会から特別強化選手の指定を受け、高校2年の4月からは新体操王国・ロシアに留学し、トレーニングに励んでいます。去年は、全日本選手権の女子個人総合で初優勝を飾りました。

 卒業式の後は担任の先生やクラスメートと過ごす最後のホームルーム。

(担任の先生はー) 「みんながそれぞれの場所で一生懸命やってくれることを本当に祈ってますから。大変なことが多いですよ。でもね、君たち本当にね、お家の人たちの愛情をいっぱい受けてすごく成長できる所がいっぱいあるから」

 学校で過ごした時間は友達よりちょっと少なかったですが、思い出がたくさん詰まった教室から旅立ち、夢に向かって突き進みます。

(高松中央高校3年/喜田純鈴[18]) 「みんな本当に仲良くしてくれて、新体操も応援してくれて、このクラスでよかったなって思います。(目標は)世界選手権でオリンピックの枠を取ることです」

 喜田純鈴さんは、5月上旬までは海外での試合が続き、その後また、ロシアに戻ってトレーニングをするそうです。東京オリンピック代表が決まる世界選手権は9月です。

新着ニュース