ニュース

「見た人に幸せを…」小豆島のお寺の本堂に新しい龍神の壁画が完成 香川・土庄町

 香川県土庄町の寺に龍神をモチーフにした新しい壁画が完成し、一般公開されました。

 小豆島霊場の54番札所宝生院の本堂に奉納されたのは「阿吽(あうん)の双龍」です。

 全国の寺や神社で天井画などを描いている、絵師の斎灯サトルさんが制作しました。  2匹の龍が向かい合うように描かれていて、東面には口が開いた龍の「阿」が、西面には口を閉じた「吽」が表現されています。  また、客間の襖にも、新しく龍神が描かれました。

(見に来た人はー) 「ふすまを見てきたんですけれども、大作を頭から尻尾まで見たのは初めて」

(絵師/斎灯サトルさん) 「見た人に幸せをよりいっぱい運んでくれたらいいなと、皆さんにいっぱい幸せがいったらいいと思って描いた」

 本堂の龍の絵は、参拝者なら自由に見られるということです。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース