ニュース

「おしどり夫婦」が誕生の予感? 今年もオシドリが飛来、求愛する姿も 鳥取

 11月22日は「いい夫婦の日」です。岡山県との県境、鳥取県日野町に今年もオシドリが飛来し、美しい姿を見せています。

「おしどり夫婦」の言葉の由来で、冬の訪れを告げるオシドリ。毎年この時期、鳥取県日野町を流れる日野川で見ることができます。

 今年は10月5日に飛来し、現在は500羽ほどの群れをつくっています。オシドリは早朝と夕方の2回、「オシドリ愛護グループ」がまいた餌に群がります。寒い冬に耐える力をつけているようです。

 そして食事が終えたオスは白い胸を突き出して、メスに求愛します。すでに仲むつまじい「おしどり夫婦」が誕生している予感も。

 オシドリの群れは、来年1月から2月にかけて1000羽ほどまで増え、暖かくなるころに北国へと旅立ちます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース