ニュース

特集

【解説】長時間労働が課題「教職員の働き方」 モデル校の取り組みの成果は? 岡山

 長時間労働が課題となっている教職員の働き方についてです。

 2016年度に文部科学省が調査した教員の勤務実態調査で、1週間あたりの勤務時間についてまとめたものです。1週間の総労働時間が60時間以上となると1カ月の残業時間が80時間を超える計算ですが小学校で約3割、中学校で約6割の教職員が80時間以上の時間外勤務をしていることになります。

 このような過労死ラインを超えてしまう長時間勤務が問題となり、岡山県は2016年から小・中・高校と支援学校からそれぞれ1校をモデル校として教職員の働き方改革を進めてきました。

 2019年度のモデル校の取り組みの成果を取材しました。

新着ニュース