ニュース

実りの秋到来、岡山・新見市で新米の出荷準備が始まる 今年は品質も甘みも収量も良し

 岡山県新見市で米の等級を決める検査が始まり、新米の出荷準備が進められています。

 黄金色の稲穂が実った新見市の田んぼです。8月下旬からコンバインを使って稲刈りが行われています。

 収穫されたもみは水分が約15パーセントになるまで乾燥させ、もみすり機でもみ殻を取り除き玄米にします。

 袋詰めされた玄米はJAの職員が専用の器具を使って袋から抜き取り、水分の量を測ります。今年初めての検査となったこの日は「コシヒカリ」や「あきたこまち」など約50トンを検査し、そのうち約9割が1等に格付けされました。

(JA晴れの国岡山 新見統括本部/真壁良介さん) 「今年の新見産の米は品質も良く甘みもあり収量もいいので、皆さんにいっぱい食べていただきたいです」    玄米はこの後、精米所で白米にして18日から新見市のJAなどで販売されます。

新着ニュース