ニュース

妹から骨髄移植を受けたプロゴルファー 高校生にドナー登録の重要性を訴え 高松市

 骨髄移植を経験したプロゴルファーが、高松市の高校でドナー登録の重要性などを訴えました。

 高松南高校で講演したのは、プロゴルファーの中溝裕子さんです。  23歳でプロテストに合格した中溝さんは、プロ3年目の時に10万人に1人と言われる血液の病気と診断され、妹から骨髄移植を受けました。

(骨髄移植を経験/中溝裕子さん) 「自分の骨髄、血が、誰かの命の源になっているってすごいことじゃない?」

 日本骨髄バンクによると、香川県では9月末時点で3911人がドナー登録をし、13人が移植を待っています。  骨髄の提供には55歳までと年齢制限があるため、中溝さんは若い人にドナー登録してほしいと呼び掛けました。

(生徒はー) 「多ければ多いほどドナーの登録がいいとおもうので、私もドナーの登録について考えてみようかなと思いました」

新着ニュース