ニュース

テーマは「段ボールのPR」 高校生が段ボールに抱いた思いを形に… 課題研究の成果を発表 香川・善通寺市

 香川県善通寺市の高校生が「コマ撮り」のアニメーション作りに挑戦し、その成果を発表しました。
 テーマは「段ボールのPR」。出来上がった動画にはダンボールへの思いが込められていました。

 善通寺第一高校デザイン科の3年生30人が今年度取り組んだ、課題研究の発表会です。

 発表したのは段ボールをPRするアニメーション。在校生に加えて、県内外のクリエイターらが来賓として参加しました。

 約20人が黒子となり、高さ2メートル70センチの人形を動かし、写真に収めていきます。
 制作は2020年6月から。地道な作業を繰り返し、試し撮りを含めて撮影した写真は約1万2000枚に上りました。そのうち使ったのは889枚です。
 段ボールのPRというテーマには、生徒たちの段ボールへの思いがありました。

(撮影を担当 デザイン科3年/白川美姫さん)
「物流においては無い物のように接しているというか、その中の製品が主役みたいなところがあって、脇役みたいな段ボールの存在を主役にした動画を作りたいと思って」

 生徒たちに段ボールを寄贈し、制作を見守ってきた香川県三木町の段ボール製造会社の平井信明会長。
 平井さんが掛けた言葉は、生徒たちが動画を制作するきっかけになりました。

(撮影を担当 デザイン科3年/白川美姫さん)
「段ボールは無理をしなくていい。雨が降ったら中に移動させればいい。新しい製品を作るのではなく、なじみ深い段ボールの姿をそのまま表現したいと思うようになりました」

 撮影だけでなく、音楽や黒子の衣装など全てが手作り。約1分10秒の動画に段ボールへの愛を込めました。

(普通科2年/池田一葉くん)
「みんながアイデアを出して、8カ月間もやれているっていうのが素晴らしいと思いました」

(黒子を担当 デザイン科3年/小林好花さん)
「長時間持たなきゃいけない時とか、動きが決まりきらなかった時とか、そういうときにずっと同じポーズで止まっておくのがきつかったし、大変でした」

(グッドワーク/平井信明 会長)
「子どもたちが手になり、足になり、黒子という形であの段ボールを心あるものにしてることに感動致しました」

(撮影を担当 デザイン科3年/白川美姫さん)
「進学して新しい課題に取り組む上でも、思い出して頑張れるような経験だったと思います。身の回りにある健気な段ボールの姿から、いろんな人が元気をもらってくれるとうれしいなと思います」

 段ボールのPR動画は、全国の段ボール業界の人に使ってもらえるようにYouTubeに公開しています。

【YouTube】「ダンボール応援PR動画」

関連ニュース

新着ニュース