ニュース

岡山・津山市長が新型コロナのワクチン接種に向け 約4200万円の補正予算を専決処分

 岡山県津山市の谷口圭三市長は、新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、約4200万円の補正予算を26日に専決処分しました。

 津山市で行われた新型コロナウイルス対策本部会議には、谷口市長や市の職員など約20人が参加しました。

 会議では、新型コロナウイルスのワクチン接種について、医療従事者には2月末から国が実施し、高齢者には3月から自治体が実施する予定であることを確認しました。

 市では、2月中旬以降ワクチンの接種券を発送し、3月からコールセンターで予約を受け付ける想定で準備を進めています。

 また、津山市の谷口市長は、ワクチン用の冷蔵庫の購入やコールセンター運営のため、約4200万円の補正予算を26日、専決処分しました。

関連ニュース

新着ニュース