ニュース

香川大学 二次試験の前期日程 最高倍率は医学部の3.6倍 新型コロナ対策も

 全国の国公立大学で二次試験の前期日程が始まりました。

 香川大学では4つのキャンパスと、兵庫県西宮市に設けた試験場で、合わせて6つの学部の試験が行われました。

 このうち高松市の幸町キャンパスでは3つの学部の試験が行われました。

 2021年は新型コロナ対策としてマスク着用などが義務付けられました。

 

 2月25日は6学部合わせて699人の募集定員に対し1533人が受験しました。

 平均倍率は2.2倍で、最も倍率が高いのは医学部の3.6倍、続いて経済学部で2.1倍です。

 医学部医学科では2月26日、面接試験が行われます。合格発表は3月6日で後期日程の試験は3月12日に行われます。

 また、新型コロナへの感染などで入試を受けられなかった人を対象に、3月22日には追試験も行われる予定です。

関連ニュース

新着ニュース