ニュース

東日本大震災から10年 高松市の商店街から被災地へメッセージ

 東日本大震災から10年です。
 高松市の商店街では市民が被災地へのメッセージを書き込みました。

 5センチ四方の折り紙に書いたメッセージを貼り合わせて「絆」の文字を作ります。

(在間隆真リポート)
「一人ひとりのメッセージが一つの思いになりました。皆さんからのメッセージはこのあと被災地へ届けられます」

(メッセージを書いた人は―)

「もう年だから何も協力することもできないけど、気持ちだけでも応援させていただけたらと思う」

「いつ災害が起こるかわからないので、いつ起きてもいいように、悔いのないように1日1日を生きていきたい」

「(Q.何て書いたんですか?)アンパンマン。きずな」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース