ニュース

岡山・倉敷市の治水対策 小田川の付け替え工事 完成は2023年度末の予定

 2018年7月の西日本豪雨を受け、岡山県倉敷市で小田川と高梁川の合流点を付け替える工事が進んでいます。完成は、2023年度末の予定です。

 22日は、工事の進捗について国土交通省が現地説明会を開きました。

 小田川と高梁川の合流点の付け替え工事は、2019年6月に着工しました。

 現在、小田川沿いの南山で掘削工事が進んでいます。
 南山はすでに予定の6割の土が取り除かれました。

 工事は小田川の流れをスムーズにするもので、増水時の水位を下げ河川氾濫などのリスクを軽減するのが狙いです。

 工事により小田川は、現在より約4.6キロ下流で高梁川と合流します。
 新たな小田川のコースは柳井原貯水池を流れます。

 小田川と高梁川の合流点の付け替え工事は2023年度末に完成する予定です。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース