ニュース

ふわふわヌルヌル♪幼稚園児が田んぼで「田植え体験」 高松市

 高松市では幼稚園児が裸足で田んぼに入り、昔ながらの方法で田植えを体験しました。

 光華幼稚園の5歳児クラスの約50人が訪れたのは、季節ごとの自然あそび体験を行っている高松市太田下町のNPO法人「自然塾ぴょんぴょん」の田んぼです。

(自然塾ぴょんぴょん/松本洋子 代表)
「まずは苗のふわふわをこうやって『よろしくね』って触っていってください、ふわふわ~」

 苗が成長して稲刈りの時期になるとガサガサ、チクチクの手触りに変わるそうですよ。

 4、5本ずつ苗を手にした子どもたち。裸足でそーっと、田んぼの中に……

 「田植え定規」と呼ばれる木の枠につけた目印にあわせ、1本1本、苗を植えていきます。

(田植えの様子)
先生「グーッと入れて~」
女の子「きゃー!」

 転んでしまってお尻やシャツまで泥だらけになった子たちも。

(参加した幼稚園児は―)

「気持ちわるい、ヌルヌルしてた」

「ヌルヌルしてたから、いやだ」

「気持ちよかった。くねくねしてた」

「行きにくいし、こわい」

 22日に植えたヒノヒカリは、ぴょんぴょんのスタッフが無農薬で育て、園児たちは10月上旬に稲刈りも体験します。

(参加した幼稚園児は―)
Q.みんな、お米どうなってほしい?
「大きくなって食べたい」
「大きくなっておいしく食べたい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース