ニュース

〈東京五輪〉バドミントン桃田選手が初戦 地元・香川から恩師見守る

 香川県三豊市出身でバドミントン男子シングルスの桃田賢斗選手は25日、初めてのオリンピックの初戦を迎えました。香川からは小学生時代の恩師がその戦いを見守りました。

 シード1位で東京オリンピックに臨んでいる桃田賢斗(26)。初戦の相手はアメリカのティモシー・ラムです。

(小学生時代の桃田選手を指導/吉川和孝さん)
「ものすごく力抜いとるな。やっぱり世界ランキング1位なんやろうな。それぐらいの力になっている」

 高松市の自宅でその戦いを見守っていたのは小学生時代に桃田を指導していた吉川和孝さんです。

 恩師が見守る中、桃田は第2セット、ネット際でその力を見せます。

(吉川和孝さん)
「おぉいいネットや。これが桃田の一番最初の世界に出ていくための武器だった。ここぞというところでは、ああいうネットを入れるから」

 桃田賢斗、初めてのオリンピック。最初の試合は堂々のストレート勝ちでした。【桃田賢斗 2-0 ティモシー・ラム】

(吉川和孝さん)
「本人に聞いてみないと分からないけど、入る前はおそらく緊張していたと思うんですが、でも相当リラックスした感じだったから。このままいけるん違うかな」

(三豊市出身/桃田賢斗 選手)
「すごく緊張していたんですけど、体育館に来た時になんかワクワクというか、楽しみな気持ちの方が強くなったので、きょうは思い切ってプレーできたかなと思います」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース