ニュース

〈東京2020〉バレー女子 倉敷市出身・石井優希選手にエール 岡山

ADVERTISEMENT

 東京オリンピック、バレーボール女子は7月31日に予選リーグが行われ、倉敷市出身、石井優希選手の後輩がエールを送りました。

 テレビ越しにエールを送ったのは、石井選手が所属していた茶屋町バレーボールスポーツ少年団の子どもたちです。
 7月31日の対戦相手は韓国。石井選手がリリーフサーバーとしてコートに入ると、少しでも長くコートに立てるようにと全力で応援しました。

 試合はフルセットの末、敗退。準々決勝進出をかけて、2日にドミニカ共和国と対戦します。

(応援した子どもは―)

「(石井選手の)サーブを打って相手を崩してそこから得点を決めるという流れができていたので印象に残りました」

「バレー女子の選手みたいにうまくなって活躍したいです」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース