ニュース

「早急に3回目接種の準備を進める」 3回目ワクチン接種予算案可決 岡山・総社市〈新型コロナ〉

ADVERTISEMENT

 岡山県総社市議会の臨時会が開かれ、新型コロナウイルス対策として3回目のワクチン接種費用などの一般会計補正予算案を可決しました。

(総社市/片岡聡一 市長)
「早急に3回目接種の準備を進める」

 総社市議会の臨時会に提案、可決された一般会計補正予算案は3億8950万円です。

 3回目の新型コロナワクチン接種費用や体制の確保に3億4500万円をあてる他、価格が下落している米をふるさと納税の返礼品として買い取る費用が含まれています。

 総社市は、来年度の予算を確保する債務負担行為にワクチン接種費用など2億3700万円を計上し、国が示した2021年12月からの3回目接種に向けて準備し、2022年5月末までに希望者への接種を終えたいとしています。

(総社市/片岡聡一 市長)
「準備をもう始めないと、国がゴーサインを出した時には間に合わない。第6波、第7波は必ずやってくる。スピード感を持って接種するのがわれわれの役割」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース