ニュース

岡山・矢掛町と電通西日本が協定 地域のデジタル化へ

ADVERTISEMENT

 岡山県矢掛町と広告会社の電通西日本が地域のデジタル化に関する包括連携協定を結びました。

 調印式には矢掛町の山野通彦町長と電通西日本の大畠康平社長らが参加しました。

 この包括連携協定は、矢掛町の業務の効率化や住民サービスの向上を電通グループがデジタル化などで支援するものです。

 国は自治体の手続きのオンライン化などを推進していますが、矢掛町には専門の部署がありません。矢掛町は電通グループと協力することで業務の効率化だけでなく観光や防災などにもICT、情報通信技術を活用したい狙いです。

(矢掛町/山野通彦 町長)
「民間のノウハウをミックスして、より住民、また町外の人も楽しんでいける町になるためにも共にやっていきたい」

(電通西日本/大畠康平 社長)
「皆さまの日々の生活が、より便利により充実したものになるようにといった目線を大切にしていきたい」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース