ニュース

不完全さが美しい…きのうの「十三夜」の月を見た? 岡山

 18日の夜は中秋の名月と並び古来からお月見を楽しんだとされる「十三夜」でした。

(記者リポート)
「街中に上がる少し輪郭がぼやけたような月も風情がありますね」

 18日(旧暦9月13日)の夜は十三夜と呼ばれています。十三夜には古来から人々がお月見を楽しみました。

 中秋の名月と並ぶ名月とされ、季節の恵みにちなんで別名・栗名月などとも呼ばれています。

 十三夜の月は少し欠けた月で、不完全なものに美しさを感じるところが日本人らしいとも言われています。

 また、中秋の名月と十三夜の月どちらか片方しか見ないのは、片見月(かたみづき)と呼ばれ、あまり縁起がよくないともいわれたそうです。セットで楽しむのが良いそうです。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース