ニュース

倉敷市真備町に「復興防災公園」 隈研吾氏らが設計 憩いと防災の拠点に 岡山

ADVERTISEMENT

 岡山県倉敷市が2018年の西日本豪雨で被災した真備地区に整備する「復興防災公園」の設計を、建築家の隈研吾さんらが担当することになりました。

 倉敷市の伊東香織市長と建築家の隈研吾さんらが21日、会見を行いました。

 「復興防災公園」は倉敷市真備町の小田川と高馬川の合流地点に整備されます。会見では「希望のミチ」と名付けた道が施設を貫くデザインが公開されました。

 平常時には遊具や芝生広場が広がり運動できるスペースとして、災害時には車で一時避難できる場所や緊急ヘリポートなどとして活用します。

 さらに、訪れた人を迎えるゲートには、「竹の町」真備町の竹を使います。

 事業費は約5億7000万円が見込まれていて、2024年度中のオープンを予定しています。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース