ニュース

岡山市・イトーヨーカドー跡地の再開発 マンション棟の竣工式 地上134m・363戸を整備

 24日、岡山市のイトーヨーカドー跡地の再開発事業で完成したマンション棟の竣工式が行われました。

 完成したマンション棟は地上37階・地下1階の高さ134メートルで、現時点で岡山県で最も高い建物です。延べ床面積は約4万8600平方メートルで363戸が整備されます。

 共用施設では入居者がパーティーなどをする際に貸し切ることができるラウンジや、大画面で映画などを楽しめるシアタールーム、仕事や勉強に使えるスタディールームなどが設けられています。入居は12月1日からです。

 岡山市のイトーヨーカドー跡地の再開発事業・杜の街づくりプロジェクトは、両備グループなどが2019年1月から進めているものです。既に利用が始まっているオフィス棟と新たに完成したタワーマンションに加え、2022年7月には商業棟が完成し、第1期の工事が完了します。

(両備ホールディングス/松田敏之 社長)
「地方に目が向いてくる時代になってきてると思ってまして。これからどんどん岡山に必要なものが次々と出来上がっていくので、楽しみにしていただきたいなと思ってます」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース