ニュース

西大寺会陽 来年も「争奪戦なし」 福男は決めず 岡山

ADVERTISEMENT

 2年連続で宝木の争奪戦は中止となります。2022年2月に行われる西大寺会陽は新型コロナの感染防止のため、2021年と同じく無観客で行われることになりました。

(西大寺会陽奉賛会/大森実 会長)
「再来年はみんな力を合わせて1万人でどっと行こうよと」

 西大寺会陽は勇壮な裸祭りとして知られています。

 これまで約1万人のまわし姿の男たちが2本の宝木を奪い合ってきました。しかし、2021年は新型コロナ対策として500年余りの歴史上初めて争奪戦を取り止め、歴代の福男98人の中から住職が札を引いて2人の福男を決めました。

 13日、主催者の西大寺会陽奉賛会は2022年2月19日の会陽についても無観客で行うと発表しました。福男は決めず、住職が祝い主に直接宝木を渡します。

 争奪戦が始まったとされる1510年より前の会陽を参考にしたということです。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース